快適な暮らしをするためにリフォームをする

価格を抑える

LDK

よく言われることですが、室内の冷房や暖房の効きが良くない時、その原因のかなりの部分は窓の存在にあります。たとえ窓をぴったり閉めていても窓ガラスは気温をそのまま伝えてしまうため、室温が外に逃げてしまうのです。 これを防ぐには、たとえば厚手のカーテンを引くといった対策があります。しかし夜間はともかく日中もカーテンを引きっぱなしというわけにはいきません。 また最近では断熱材を間に挟んだガラスや特殊なフィルム加工をしたガラスなど断熱性に優れた製品も販売されていますが、取り付けるとなると工事費がかなりの負担となります。 しかしその一方で、低コストで実行できる解決手段もあります。それが窓ガラスコーティングです。工事も簡単なので、手軽に取り入れられる方法として今後需要が高まるものと予測されています。

窓ガラスコーティングとは、窓ガラスの表面にコーティング剤を塗布してガラスの性能を高める工事のことです。コーティング剤には用途に応じてさまざまな特性がありますが、基本となるのは優れた断熱性で、塗布することで室内の温度を外へ逃がしにくくします。また紫外線をカットする効果も得られるため、夏の西日対策や家具の日焼け防止にも役立ちます。1年を通じて快適に過ごせるようになるほか、節電対策にもなります。 もちろん永久的に効果が得られるわけではないのでその点には注意が必要ですが、製品によっては10年程度の保証期間が設けられているものもあり、経済性という面から見ても大変お得です。有害物質も含まれていないので、小さなお子さんのいる家庭でも安心して利用できます。